[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2013 に準拠して作成. 抗ウイルス化学療法剤. 日本薬局方 注射用アシクロビル. アシクロビル点滴静注用250mg「アイロム」

[PDF]

年より年4回のインタビューフォーム検討会を開催した中で指摘してきた事項を再評 価し、製薬企業にとっても、医師・薬剤師等にとっても、効率の良い情報源とすることを考え た。そこで今般、IF記載要領の一部改訂を行いIF記載要領

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2013に準拠して作成 抗ウイルス化学療法剤 日本薬局方 アシクロビル注射液 ビクロックス点滴静注125mg ビクロックス点滴静注250mg VICCLOX I.V.Infusion 125mg・250mg 剤 形 注射液

アシクロビル軟膏 インタビューフォーム スルファジアジン ピリメタミン. アシクロビルとは イレッサ 弁護団. アシクロビル点滴 タミフル石田. アシクロビル錠400mg レボフロキサシン トーワ. アシクロビルクリーム アクティブシンク 使い方. アシクロビル

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif 記載要領2013 に準拠して作成 抗ウイルス化学療法剤 日本薬方 アシクロビル注射液 アシクロビル点滴静注液250mg「トーワ」 (希釈・点滴静注) aciclovir intravenous infusion 250㎎ “towa” 剤形 注射剤(溶液)

2012年10月 使用上の注意改訂のお知らせ(アシクリル点滴静注用250mg、点滴静注用アシクリルバッグ250mg/100mL) 2010年7月 効能・効果、用法・用量の変更及び使用上の注意改訂のお知らせ(アシクリル点滴静注用250mg、点滴静注用アシクリルバッグ250mg/100mL)

ファイザー株式会社の医療従事者向け「製品情報サイト」です。アシクロビル錠200mg「ファイザー」の添付文書、インタビューフォームなどの各種製品情報を掲載しています。

最終包装製品を用いた3年間の長期保存試験の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、アシクロビル点滴静注用250mg「PP」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。 包装. アシクロビル点滴静注用250mg「PP」:5バイアル

また、アシクロビルを急速に高用量で静脈内投与したところ、腎障害の発現が報告されている。 (ゾビラックス点滴静注用250 医薬品インタビューフォーム 第9版) 1 バイアル(アシクロビル250mgを含有)を日局注射用水 又は日局生理食塩液10mLに溶解

no. 公開日 文書番号 内容(pdf形式) 1. 2018年8月: p20140: 販売包装単位へのgs1コードに変動情報追加のご案内(784kb)

ファイザー株式会社の医療従事者向け「製品情報サイト」です。ジスロマック点滴静注用500mgの添付文書、インタビューフォームなどの各種製品情報を掲載しています。

製品名(一般名) 規格. 添付文書. 使用上の注意改訂のお知らせ. その他安全性情報. インタビューフォーム. くすりのしおり

インタビューフォーム 生物学的 同等性試験 溶出試験 安定性試験 配合変化 試験 効能不一致 先発後発 対照表(案) くすりの しおり 患者向け 資材 患者向け 医薬品ガイド web - - web: web

[PDF]

通常、成人には1 回アシクロビルとして200mgを1 日5 回経口投与する。 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純 疱疹)の発症抑制: 通常、成人には1 回アシクロビルとして200mgを1 日5 回造血幹細胞移植施行7 日前より施行後35日まで経口投

インタビューフォーム; 包装製品を用いた3年間の長期保存試験の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、アシクロビル点滴静注用250mg「PP」は通常の市場流通下において3年間安定であることが

アシクロビル点滴静注用250mg「FY」 一覧へ戻る. アシクロビル点滴静注用250mg「FY」 ページを印刷. 添付文書: インタビュー フォーム:

インタビューフォーム (1,353KB 通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回、約60分間かけて点滴静注する。

アシクロビル錠200mg「日医工」の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。呼吸困難、血管浮腫、じんましん [アナフィラキシーショック、アナフィラキシー]。高熱、全身倦怠感、血尿、四肢などの皮下出血 [汎血

沢井製薬株式会社の医療関係者向け総合情報サイトです。【アシクロビル点滴静注用250mg「サワイ」(ゾビラックス点滴静注用250のジェネリック医薬品)】に関する製品詳細情報をご紹介します。添付文章、インタビューフォーム、くすりのしおり等資料もご覧になれます。

成人:アシクロビルとして1回体重1kg当たり5mgを1日3回、8時間毎に1時間以上かけて、7日間点滴静注する。なお、脳炎・髄膜炎においては、必要に応じて投与期間の延長もしくは増量ができる。

大日本住友製薬の「リサイオ点滴静注液100㎎」インタビューフォームです。 JavaScriptが無効のため、閲覧・機能をご利用いただけません。 JavaScriptの設定を有効にしてください。

インタビューフォーム; を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、アシクロビル点滴静注用250mg「アイロム」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

ご参考までに授乳婦にアシクロビル5mg/kg 1 日3 回5 日間点滴静注した時、母乳中濃度は最高7.3μg/mL を示し、投与終了88 時間後までアシクロビルが検出されたことが報告されています 。 出典. バルトレックス インタビューフォーム(第15版)P32

[PDF]

⑤ 「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下,「if 記載要領2013」と略す)に より作成されたif は,電子媒体での提供を基本とし,必要に応じて薬剤師が電子媒体 (pdf)から印刷して使用する。企業での製本は必須ではない。 [ifの発行] ①

(旧販売名:ナタジール点滴静注用250mg) アシクロビル 単純ヘルペスウイルス及び水痘・帯状疱疹ウイルスに起因する下記感染症・免疫機能の低下した患者(悪性腫瘍・自己免疫疾患など)に発症した単純疱疹・水痘・帯状疱疹,脳炎・髄膜炎・新生児単純

アシクロビル点滴静注液250mg「トーワ」 販売名変更(10mL×5管、D001A(2016/6)) PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。 左のボタンからダウンロードしてインストールできます。

通常、成人にはアシクロビルとして1回体重1kg当たり5mgを1日3回、8時間毎に1時間以上かけて、7日間点滴静注する。 なお、脳炎・髄膜炎においては、必要に応じて投与期間の延長もしくは増量ができる。ただし、上限は1回体重1kg当たり10mgまでとする。

アシクロビルリン酸化の第一段階である一リン酸化は感染細胞内に存在するウイルス性チミジンキナーゼによるため、ウイルス非感染細胞に対する障害性は低いもの と考えられる。 引用元 ゾビラックス軟膏・クリームインタビューフォーム

「アシクロビル点滴静注用250mg「サワイ」」の用法用量や効能・効果、副作用、注意点を記載しており、添付文書も掲載し

[PDF]

医薬品インタビューフォーム. 日本病院薬剤師会のif記載要領2008に準拠して作成. カルバペネム系抗生物質製剤. 注射用ドリペネム水和物 フィニバックス®点滴

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif記載要領2013に準拠して作成 抗ウイルス化学療法剤 アシクロビル錠 アシクロビル顆粒 日本薬局方 アシクロビルシロップ 剤形 ビクロックス錠200 :素錠 ビクロックス錠400 :素錠

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2008 に準拠して作成 剤 形 点滴静注用注射剤(用時溶解して用いる) 製剤の規制区分処方せん医薬品:注意-医師等の処方せんにより使用すること チエナム®点滴静注用0.25g;

[PDF]

医薬品インタビューフォーム. 日本病院薬剤師会のif記載要領2008に準拠して作成. カルバペネム系抗生物質製剤. 注射用ドリペネム水和物 フィニバックス®点滴

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2013 に準拠して作成 剤 形 注射剤 製剤の 規制区 分 毒薬、処方箋医薬品注) 注) 注意-医師等の処方箋により使用すること 規格・含量 1 バイアル中ホスカルネットナトリウム水和物として6g を含有

インタビュー フォーム: 生物学的 同等性試験 - 溶出試験 - 加速試験: 長期保存試験 - 無包装 安定性試験 - 粉砕後 安定性試験 - 配合変化試験 - 簡易懸濁法 試験 - 製品別比較表 - くすりの しおり - 患者さん向け 指導箋 -

用法・用量. 成人には通常、パニぺネムとして1日1g(力価)を2回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。 なお、年齢・症状に応じて適宜増減するが、重症又は難治性感染症には、1日2g(力価)まで増量し2回に分割し投与することができる。

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2008に準拠して作成 剤 形 凍結乾燥注射剤 製剤の規制区分 劇薬 処方せん医薬品(注意-医師等の処方せんにより使用すること) 規格・含量 1バイアル中アザシチジン100mg含有 一般名

[PDF]

2008 年より年4 回のインタビューフォーム検討会を開催した中で指摘してきた事項を再評価し、製薬企業 にとっても、医師・薬剤師等にとっても、効率の良い情報源とすることを考えた。そこで今般、if 記

パズクロス点滴静注液300mg/300mg100mL×10袋 パズクロス点滴静注液500mg/500mg100mL×10袋 パズクロス点滴静注液1000mg/1,000mg200mL×10袋

アラセナ-A点滴静注用300mg。持田製薬株式会社の提供する医療関係者のためのホームページです。医薬品の写真、服用の手引き、注意事項などの製品情報がご覧になれます。

大塚製薬 医療関係者向けの情報サイトでは、イーケプラ点滴静注500mgの添付文書、インタビューフォーム等の情報を掲載し

[PDF]

ーフォームを、昭和63年日本病院薬剤師会(以下、日病薬と略す)学術第2小委員会 が「医薬品インタビューフォーム」(以下、IFと略す)として位置付けを明確化し、 その記載様式を策定した。そして、平成10年日病薬学術第3小委員会によって新たな

イリノテカン塩酸塩点滴静注液40mg・100mg「NK」 インタビューフォーム(2019.12改訂) デキサルチン口腔用軟膏1mg/g 販売名変更に関するご案内(2019.12) 2019.12.17 アシクロビルDS80%「NK」 添付文書(2019.12改訂)

インタビューフォーム内の文字検索方法. インタビューフォームって膨大な情報量と文字量があるので、読みたい箇所を探すのは大変です。 そんなときは文字列を検索します。 これ覚えておいて絶対にソンしない魔法のコマンドなので知らない人はメモです。

アシクロビルシロップ8%「タカタ」の主な効果と作用. 単純疱疹の原因 ウイルス である単純ヘルペスウイルスおよび帯状疱疹の原因ウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖をおさえる働きがあります。; 単純疱疹、帯状疱疹、水痘などの症状を改善するお薬です。

[PDF]

⑤「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下、「IF記載要領2013」と略す)に より作成されたIFは、電子媒体での提供を基本とし、必要に応じて薬剤師が電子媒体(P DF)から印刷して使用する。企業での製本は必須ではない。 [IFの発行]

[PDF]

「医薬品 インタビューフォーム 」(以下、 if と略す)として 位置付 けを 明確化 し、その 記 載様式 を策定 した。そして、 平成10年日病薬学術第3小委員会 によって 新たな 位置付 けと if 記載要領 が策定 された。 2 . if とは

アラセナ-A点滴静注用300mgは抗ウイルス剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品ではありません)。「抗ウイルス剤」はウイルスを攻撃することで、病気の治療をするお薬です。薬物過敏症の方には使えません。副作用として、悪心(吐き気を催すなど気持ち悪くなること)、そう痒感

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif記載要領2013に準拠して作成 注射用ニューキノロン系抗菌製剤 処方箋医薬品 日本薬方 パズフロキサシンメシル酸塩注射液(略号 pzfx) 剤 形 点滴静注用注

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2013 に準拠して作成. キット製剤 抗ウイルス化学療法剤. 日本薬局方 アシクロビル注射液. アシクロビル点滴静注液250mgバッグ100mL「アイロム

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2013に準拠して作成 剤形 ステラーラⓇ皮下注45mgシリンジ:注射剤(プレフィルドシリンジ) ステラーラⓇ点滴静注130mg:注射剤(バイアル) 製剤の規制区分

Sanofi US does not review the information contained on this website and/or database for content, accuracy or completeness. Use of and access to this information is subject to the terms, limitations and conditions set by the website and/or database producer.

販売名 プロダクト シート 添付文書 (改訂年月) 添付文書改訂の お知らせ等 インタビュー フォーム くすりの

クリニジェン株式会社が提供する医療関係者向けサイトです。点滴静注用ホスカビル注24mg/mLの基本情報、インタビュー

ヘルペス アシクロビル耐性 セロクエルとリスパダール. アシクロビル軟膏 帯状疱疹 プロペシア錠 価格. アシクロビル注 添付文書 クレアチンの摂取方法. アシクロビルシロップ アリセプトインタビューフォーム. アシクロビル点滴 アザシチジン mds

[PDF]

ストとしてインタビューフォームが誕生した。 昭和63年に日本病院薬剤師会(以下,日病薬と略す)学術第2小委員会が「医薬品インタビュ ーフォーム」(以下,IFと略す)の位置付け並びにIF記載様式を策定した。その後,医療

[PDF]

1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書(以下、添付文書と略す)がある。医 療現場で医師・薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には、

タキソールについてご紹介します。「bms healthcare」はブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社が提供する医療関係者向け情報サイトです。

このサイトは医療関係者向けです。エーザイ医療用医薬品やクリニシアン(clinician)など医療関係の情報を見つけることができます。「トレアキシン点滴静注用25mg」に関する情報ページです。

[PDF]

1.医薬品インタビューフォームの作成の経緯 当該医薬品について製薬企業の医薬情報担当者(以下,MRと略す)等にインタビューし,当 該医薬品の評価を行うのに必要な医薬品情報源として使われていたインタビューフォームを,昭