Oct 12, 2018 · 大塩天満宮の秋祭りは、「大塩の獅子舞」、「毛獅子の舞」とも呼ばれる祭りで、大塩天満宮の氏子8地区には、それぞれに異なった「毛獅子」があり、勇壮な「道中舞」や「地舞」を披露しま

そして、『大塩天満宮と言えば獅子舞』と言うぐらい 奉納される毛獅子舞を観ようと、全国各地から多くの方が秋の大塩天満宮に集います。 そんな大塩天満宮の秋季例大祭の、今年2017年の日程やアクセス・ 獅子舞や屋台の凄さなどをご紹介させて頂きます。

昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されおり、県内外にも広く知られています。

大塩天満宮(おおしおてんまんぐう)は、兵庫県 姫路市にある神社(天満宮)。 正式名称は天満神社。旧社格は郷社。 秋季例大祭で奉納される毛獅子が兵庫県の重要無形民俗文化財となっている。

主祭神: 菅原道真
クリックして Bing でレビューする0:48

Oct 14, 2015 · 兵庫県重要無形民俗文化財の毛獅子舞で知られる大塩天満宮(姫路市大塩町)の秋季例大祭が14日、宵宮を迎えた。黒や茶色の毛に覆われた7頭が

著者: 神戸新聞社(kobedigital)

大塩天満宮秋祭りの日程は10月14日、15日に開催です。播州は獅子どころといわれ、播州の秋祭りで獅子舞を奉納する祭りは多くあります。中でも大塩天満宮の獅子舞は県重要無形民俗文化財に指定された有名な獅子舞です。見所は肩車された8頭の獅子が激しく舞い踊る「道中舞」です。

大塩の獅子舞(毛獅子舞)大塩天満宮の秋まつり 壁紙写真集 写真をクリックすれば別窓で壁紙写真を表示します (デスクトップ壁紙サイズ・xga1024×768)

クリックして Bing でレビューする29:36

Oct 19, 2019 · 大塩天満宮秋祭り宵宮の「毛獅子」獅子舞 2019年10月14日

著者: rokusann73
クリックして Bing でレビューする2:46

Oct 15, 2018 · 兵庫県重要無形民俗文化財指定の「毛獅子」 獅子舞は戦国時代に起源があると伝えられ、大塩天満宮氏子地区である姫路市大塩町地区(東之丁

著者: 大和武蔵
クリックして Bing でレビューする0:55

Oct 15, 2013 · 兵庫県重要無形民俗文化財の毛獅子舞で知られる大塩天満宮(姫路市大塩町)の秋季大祭が2013年10月14日、宵宮を迎えた。宵闇に無数の提灯

著者: 神戸新聞社(kobedigital)

大塩天満宮に奉納される8地区の毛獅子 播州の祭りは勇壮な屋台練りで知られていますが、「播州獅子どころ」と言われるように、獅子舞も大変盛んな地域といわれています。

獅子舞は戦国時代に起源があると伝えられ、大塩天満宮氏子地区である姫路市大塩町地区(東之丁・宮本丁・中之丁・西之丁)、別所町1地区(小林丁)と高砂市北浜町3地区(牛谷丁・北脇丁・西濱丁)の8地区に伝わり、8頭何れも二人立ちの毛獅子で、野獅子の生態を描写した野性味溢れる

毎年10月14日~10月15日、兵庫県姫路市の大塩天満宮で『秋季例大祭』が行なわれます。兵庫県の重要無形民俗文化財に指定される獅子舞が奉納。8氏子8地区から参加する8頭の獅子は、いずれも頭から尾先まで、真っ黒な毛でおおわれた毛獅子が特徴で、鎌倉時代に始まり、室町時代に形が整った

大塩天満宮秋祭り 昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されおり、県内外にも広く知られています。

「大塩天満宮の秋祭りで獅子舞を見たいんだけど、いつあるのかなぁ?」 私も近くに住みながらなかなか行っていない大塩天満宮の秋祭り。 今年は引っ越しをするから絶対に見に行きたいと感じていました。 でも、いつだっけ?

大塩天満宮秋祭り 大塩天満宮の秋祭りは毎年10月14日(宵宮)と15日(本宮)に行なわれる。大塩といえば獅子舞、獅子舞といえば大塩といわれるほど、大塩天満宮秋祭りの獅子舞は広く世に知られ、兵庫県の無形民俗文化財にも指定されている。

903年(延喜3年)管公太宰府に薨じ給うと聞き、里人等深く哀愁に閉ざされ、また、その徳を慕いて、管公の祖神を祀る伊屋明神にその霊を奉祀したのが大塩天満宮の始まりです。

大塩天満宮は寛弘年間に創建され、御祭神は菅原道真公を祀ります。 大塩天満宮の秋季例大祭・秋祭りは「大塩の獅子舞」として知られており、大塩天満宮の氏子6地区により6頭の毛獅子がそれぞれに異なった勇壮な獅子舞を披露します。

大塩天満宮(姫路市) 鎌倉時代から受け継がれる「大塩の獅子舞」が有名。胴幌一面が毛で覆われた8頭の「毛獅子」が舞を披露します。それぞれが持つ物語や特徴も押さえておくと楽しさは倍増。

獅子舞は戦国時代が起源といわれています。大塩天満宮氏子地区の姫路市大塩町地区(東之丁・宮本丁・中之丁・西之丁)、別所町1地区(小林丁)、高砂市北浜町3地区(牛谷丁・北脇丁・西濱丁)の 8 地区に伝わる毛獅子で、野獅子の生態を描写した野性味溢れる豪快な舞いで有名です。

播州獅子どころといわれるほど、播磨では獅子舞がさかん。中でも、獣毛を植えた毛獅子が激しく踊る大塩天満宮の獅子舞は圧巻!牛谷丁、宮本丁、中之丁、東之丁,北脇丁、西之丁、西浜丁、小林丁の8頭獅子舞、それぞれの違いにも注目しよう!

Oct 05, 2018 · 大塩天満宮秋祭り 毛獅子の舞 大塩天満宮 兵庫県姫路市 十月十四日 十五日 大塩天満宮秋祭り 昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指

大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県指定重要無形民俗文化財です。八地区の八つ毛獅子の舞が披露されます。鳥居前から神前まで数人で組んだ肩馬の上に乗って舞う「道中舞」です。ひょっとこと獅子の掛け合いが面白いです。大塩天満宮(宵宮)毛獅子の舞姫路市2018.10.14

大塩天満宮獅子舞[おおしおてんまんぐうししまい] 姫路市大塩町汐咲[しおさき]の大塩天満宮[おおしおてんまんぐう]では、10月14日と15日に獅子舞が奉納される。

秋になると全国各地でお祭りが開催され、毎週のようにイベントが楽しめます。お祭りが大好きな人にとって、全国各地に飛び回りたいほど楽しい季節でもありますよね。 そんな方にぜひ知ってほしいお祭りが、兵庫県南西部一帯で開催される播州秋

間もなく播州に秋祭りのシーズンがやってきます。迫力ある屋台練りや腹の底に響き渡る太鼓の音に魅せられて見物に出掛ける人も多いのではないでしょうか。今年の見どころをピックアップして紹介します。【姫路周辺】誰でも楽しめる!播州秋祭り!灘のけんか祭りなど2019年の見どころは?

10月14日 (祝) 大塩天満宮秋季例祭 宵宮. 孫の家族と夕食後、 夜のお宮に行きました。 19:30. 丁度、 毛獅子 が 大鳥居の前で回っているところでした。 宮の中でも獅子の道中舞の両脇には見物人の多い

大塩天満宮(おおしおてんまんぐう)は、兵庫県姫路市にある神社(天満宮)。正式名称は天満神社。旧社格は郷社。秋季例大祭で奉納される獅子舞毛獅子が兵庫県指定文化財一覧兵庫県の重要無形民俗文化財となっている [最寄駅]大塩駅 [住所]兵庫県姫路市大塩町汐咲1丁目 [ジャンル]神社 [電話

Nov 14, 2015 · The latest Tweets from 大塩秋祭り (@s1998hyorin). このアカウントは共有しています。 〜北脇丁・西之丁・西濱丁・宮本丁・中之丁・東之丁・牛谷丁(獅子)・小林丁(獅子)〜 10月14、15日 / 大塩の人間問わず、誰でも気軽にフォローしてください。フォローお返しします。

フォロワー数: 425

Oct 17, 2017 · 平成29年大塩天満宮本宮能舞台獅子舞. 平成29年大塩天満宮本宮能舞台獅子舞 2015年大塩天満宮国恩祭本宮 東之丁能舞台奉納獅子舞 – Duration: 24:43

10月14日 (祝) 大塩天満宮秋季例祭 宵宮. 孫の家族と夕食後、 夜のお宮に行きました。 19:30. 丁度、 毛獅子 が 大鳥居の前で回っているところでした。 宮の中でも獅子の道中舞の両脇には見物人の多い

大塩天満宮 電話 079-254-0980 場所 姫路市大塩町 祭礼日 10月14日・15日. 大塩といえば獅子舞、獅子舞といえば大塩と言われるほど、大塩天満宮秋祭りの獅子舞は広く世に知られ、兵庫県の無形民俗文化財にも指定されています。

秋祭りの日程:10月14日・15日 姫路市にある神社ですが、高砂市からも氏子として参加しています。屋台の練り合わせも有名ですが、特に県指定重要無形民俗文化財の「毛獅子」の舞が見ものです。

大塩天満宮秋祭り 頭を高く差し上げて行う「道中舞」は祭りを一層盛り上げます。これらの一連の絢爛な獅子舞を神前で競演することにより、これまでの豊穣に感謝し、人々の無事安泰を祈ります。

9月になると大塩では10月14日、15日の秋季例大祭に向けて準備が始まります。 当院では毎年、大塩天満宮秋季例大祭の後に、お祭りを見に行けない患者様のために、 当院の待合室と芝生のグランドで毛獅子舞を舞っていただけるのです。 今年は前日が台風

こちらは大塩天満宮。 大塩ではかなり大きな神社で、秋祭りの 毛獅子の舞 が知られています。 10月14日と15日には屋台の練り合わせが行われ、牛谷丁・宮本丁・中之丁・東之丁・北脇丁・西浜丁・西之丁・小林丁の8地区から毛獅子が登場します。

十月十四日 十五日 大塩天満宮秋祭り 昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されおり、県内外にも広く知られています。八氏子八地区から

大塩天満宮(姫路市大塩町)の秋季大祭が14日に宵宮、15日に本宮を迎えた。姫路、高砂両市にまたがる氏子8地区が、兵庫県重要無形民俗文化財

太鼓の練習をする音が聞こえてくると、まもなく播州の秋祭りシーズン。今年の見どころや豆知識、スケジュールを紹介します。例年と違った楽しみ方ができるかも?!今年の播州秋祭りは89年ぶりに新調も!2017年の特徴と豆知識を紹介!に関するページです。

大塩町は、江戸時代・姫路藩内一の製塩地でした。今から約 40年前まで「流下式塩田(上記写真)」が山陽電車の車窓から見えたものです。 1905年(明治38年)塩の専売制が始まると専売局の出先機関がここ大塩町に置かれるなど、塩とともに歩んできた歴史を持つ町です。

あんまり見慣れない獅子舞だと思います。 通常の獅子舞とは違って装飾もかっこいいんです。 大塩天満宮の獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されています。 この獅子舞8頭が練り歩く様子は迫

[PDF]

大塩天満宮 秋祭りの獅子舞 『大塩地区』をたずねて 文化財見学シリーズ69 姫路市教育委員会文化財課(平成24年9月1日発行) ①大塩天満宮 大塩町4地区・別所町小林のほか高砂 市北浜町も含めた氏神。主祭

我が町、大塩には誇れるものが3つあります。 まず第一は海(写真01~03)と塩田の歴史、第二は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されている獅子舞と大塩天満宮の秋祭り、第三は県花のじぎくの最大の自生地の3つです。 写真01 大塩の海. 写真02 大塩の海

毎年、兵庫県の明石市や姫路市など兵庫県南西部の播州地方で行われる 秋祭りを総称して播州の秋祭り(播磨の秋祭り)と呼びます。 全国的にも有名な、灘のけんか祭りの様な荒々しいお祭りから 大塩天満宮の大塩の獅子舞、魚吹八幡神社の提灯練りやだんじりなど 多彩なお祭りを楽しむ事

私たちの獅子舞の他には「兵庫県姫路市の大塩天満宮の毛獅子」 「京都の千本六斎念仏」「岐阜県恵那市の下手向の獅子芝居」 「三重県の伊勢大神楽」合計5つの「獅子の芸」の発表でした。 獅子舞にも様々あることを勉強しました。

大塩天満宮(おおしおてんまんぐう)は、兵庫県 姫路市にある神社(天満宮)。 正式名称は天満神社。旧社格は郷社。 秋季例大祭で奉納される毛獅子が兵庫県の重要無形民俗文化財となっている。

獅子舞 大塩天満宮の鳥居前から社殿まで(約100m)を、数人で組んだ肩馬の上に乗って舞う「道中舞」に対して、社殿の舞台での奉納舞を「地舞」と呼ぶ。社殿まで100mを八頭の獅子が舞う「道中舞」はこの祭りの最大の呼び物となっている。

大塩天満宮 勇壮な毛獅子の道中舞. 10月15日は「祭りの合言葉」になるほど ここ 播州地方ではにぎやかな. 1日となります。 私の住む村の祭りは21.22日ですが、この日まで 各地で行われる祭りを見て. だんだんと士気を上げて行きたいと思っています。

大塩天満宮秋祭り 毛獅子の舞 大塩天満宮 兵庫県姫路市 十月十四日 十五日 大塩天満宮秋祭り 昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定

大 塩 / 大 塩 天 満 宮 関 連 サ イ ト: 大塩の獅子舞: 大塩獅子舞の当事者の立場から制作された中身の濃いHP。 大塩天満宮の祭り: 祭りで撮影した自慢の写真等を皆様に掲載頂き、大塩の祭りの良さを知って頂こうと考えているサイト。

由緒・沿革 延喜元年(901)道真公は冤罪を蒙り大宰府へ左遷される途次、伊保の湊より上陸され当時東方の日笠山に上られ瀬戸の内海を賞でられ遥か東の京都の方を又これより行かん九州の方を望まれて昨日に変わる今日の境遇に感慨を新にされた。

兵庫県姫路市大塩町、大塩天満宮の秋季大祭が15日、本宮を迎えた。姫路・高砂両市にまたがる氏子8地区が、県指定重要無形民俗文化財の毛獅子

播州の秋祭りは主に10月を中心に行われ、全国的にも有名な松原八幡神社秋祭り「灘まつり・灘のけんかまつり」のような勇壮で荒々しいけんかまつりをはじめ、大塩天満宮秋祭り「大塩の獅子舞」の毛獅子の道中舞、曽根天満宮や高砂神社などの屋台練り

近隣の町の秋祭りに行ってきました。大塩(おおしお)天満宮の秋季例祭に奉納する獅子舞に堪能した一日でした。獅子といえば、全国各地の神社で見られる神楽獅子をお思いでしょうが、大塩の獅子は、古来のままの野獅子の生態を描写した荒獅子です。

大塩天満宮秋祭り 毛獅子の舞 大塩天満宮 兵庫県姫路市 十月十四日 十五日 大塩天満宮秋祭り 昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指

【大塩天満宮】 大塩はこの獅子舞が有名で、県の無形民族文化財にも指定されている。 獅子は全国で祭事に登場するも、大塩の獅子は頭から尾までが熊の毛で覆われた毛獅子。 それが笛と太鼓に生やされて豪快に舞う姿を見るために町外から見物に来る

【開催日】2019年10月14日(月・祝)・10月15日(火) 【開催場所】大塩天満宮(地図) 【アクセス】山陽電鉄「大塩駅」から南へすぐ 8頭の毛獅子が笛や太鼓の囃子に合わせて、頭から尾先までを覆う毛を振り乱しながら、勇壮な舞を披露します。この毛獅子は神楽獅子と違い野獅子を表現した

大塩天満宮(姫路市大塩町汐咲1丁目)の秋季例大祭は14日、宵宮を迎えた。昼過ぎに天満宮近くで6地区の屋台が練り合わせ、見物客を魅了した

大 塩・大塩天満宮 /道中舞 英 賀・英賀神社 /拝殿練り・梯子獅子 井ノ口・荒川神社 /階段登り・六台練り 12/04 体験広場/動画を令和元年版に7本更新!(final)

播州大塩・大塩天満宮秋祭り 及び播州白浜・松原八幡宮秋祭り 通称”灘のけんか祭り”本宮です。 まずは、大塩天満宮にて屋台の宮入を見るため山陽電車に乗って大塩へ。 宮は大塩駅から南へ徒歩5分ほどの近隣にあります。