Amazonで干 宝, 竹田 晃の捜神記 (平凡社ライブラリー)。アマゾンならポイント還元本が多数。干 宝, 竹田 晃作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また捜神記 (平凡社ライブラリー)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

3.8/5(3)

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。

東洋文庫10 干宝 竹田晃訳 作者は4世紀半ば,東晋の歴史家で,本書は民間伝説,名士の逸話などを古い書物から抄録したもの。志怪小説とよばれる怪異の記録中もっとも叙述にすぐれ,中国小説の祖とされる。本邦初の全訳。目次 表紙(扉)捜神記原序 巻一

Jul 21, 2008 · 捜神記 (平凡社ライブラリー)/干 宝/竹田 晃(小説・文学:平凡社ライブラリー) – 幻術の名人、墓から生き返る娘、千年を生きる狐の変化。怪異譚が流行した中国六朝時代、東晋の歴史家・干宝によってまとめられた464の霊妙不可思紙の本の購入はhontoで。

4/4(8)

捜神記 平凡社ライブラリー – 干宝のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!

本書「捜神記」(→Wikipedia)は、南宋の頃にいったん姿を消すが、「明の万暦年間(1573~1620)」に、20巻本と8巻本の二種類が再び世に出てくる。いずれも「後人の手がかなり加えられていることはまちが

『風土記』『日本霊異記』『日本奥地紀行』『捜神記』『四書五経』など、人気書目の中から平凡社ライブラリーで再刊されたものもある一方で、大半の書目は需要が限定されているため長らく絶版となっていることも珍しくなかったが、2003年よりワイド版

捜神記がイラスト付きでわかる! 捜神記 とは、中国の怪談である。 概要 捜神記 とは、中国の怪談である。 4世紀、中国では「志怪」(怪をしるすで「志怪」。中国ではこう書く)と呼ばれる怪談話が出てきており、そういう環境で出てきた、らしい。 干宝 という人が、書いたということになっ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 捜神記の用語解説 – 中国,六朝時代の文語志怪小説集。晋の干宝 (かんぼう) の著。神仙,道術,妖怪などから動植物の怪異,吉兆,凶兆の話など奇怪な話を記す。著者の干宝は有名な歴史家であるが,身辺に死者が蘇生する事件が再度起ったことに刺激

歴史家が書いた怪異の記録

捜神記 著者 干宝 著[他] 出版者 平凡社 出版年月日 1964 シリーズ名 東洋文庫 ; 10 請求記号 923-Ka334s-T 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000001051365 DOI 10.11501/1671907 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title

引用: 平凡社 東洋文庫10 『捜神記』 干宝 竹田晃訳 1964. この二つあたりでしょうか。 あと第四話の萬祥のところでも紹介した「人間が奇形児を産む=大乱」という図式は、どうもここでも当てはまりそうですね。 (もっとも陽さん人間?

千年狐 ~干宝「捜神記」より~ を読んで 第十二話 感想と考察 . 2019/3/19 2019/12/17 千年狐 ~干宝 引用: 平凡社 東洋文庫10 『捜神記』 干宝 竹田晃訳 1964.

後の書にも『‘‘‘捜神記’‘’』からの引用とする説話が多くあり、『太平広記』では80数条が収録されている。 捜神記には前述した二十巻本捜神記のほかに八巻本捜神記や一巻本捜神記も存在する。 八巻本捜神記(

『捜神記』(そうじんき )とは、4世紀に中国の東晋の干宝が著した志怪小説集。『隋書』「経籍志」などによると、もとは30巻あったというが、散逸し、現存する20巻本は、後の人が蒐集、再編して万暦年間に『干宝撰捜神記』と題して刊行したもの。 原書は、著者の干宝が、先立つ書より

捜神記以外にも沢山の文献を消化して描かれているようですね~ 参考文献に張華の博物誌があり、その張華が物語に登場しているのが面白い(^_^) まだ始まったばかりですが、千年狐が完結したらそちらも読んで見たいと思ってます。

現在のメニュー:漢書人名索引(ちくま学芸文庫版),三国志地名・官爵名索引(ちくま学芸文庫版), 春秋左氏伝(岩波文庫版),捜神記(平凡社ライブラリー),抱朴子外篇(平凡社・東洋文庫),建康実録(中華書局・巻四まで),塩鉄論(平凡社・ワイド版東洋文庫),西晋の武帝

「本書の書名は、晋の干宝(かんぽう)の『捜神記』のあとをつぐという意味でつけられたものであろう。もっとも『太平広記』などでは『続捜神記』となっており、この名で呼ばれた時期もあったことを示し

六朝志怪小説の一つで、「捜神記」についての質問です。「捜神記」や「捜神後記」の口語訳本や注釈書はいくつか出てますが、「書き下し文」と「注釈」の両方が書かれた書物はないでしょうか?「平凡社ライブラリー」ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 干宝の用語解説 – 中国,六朝時代の晋の学者,文学者。新蔡 (河南省) の人。字,令升。幼少から学問を好み,その才能を認められ著作郎となった。のち王導の上疏によって史官の必要が認められると,推薦されて国史の編纂にあたり,『晋紀』 20巻を

怪を志す“志怪”というジャンルが流行した中国六朝時代は、幻術の名人、墓から生き返る娘、冥界との交流、千年を生きる狐の変化、といった怪異の数々が饒舌に語られた。東晋の歴史家千宝が記した本書は、六朝志怪の代表作であり、中国小説の祖といわれる。

捜神記 説郛(商務印書館本)巻4 捜神記 旧小説(商務印書館1935年排印本、1957年排印本)甲集 捜神記残1巻(存巻1) (唐)句道興撰 六経堪叢書初集・敦煌零拾 捜神記6巻 続道蔵(万暦本、景万暦本) 捜神記佚文 魯迅輯 小説備校

捜神記. 平凡社ライブラリー版『捜神記』の番号に沿う。 『名山記』に、 「狐は大昔の淫婦であり、名を阿紫と言ったのが、姿を狐に変えたのである」 とあり、ゆえに狐が怪異を起こす場合には、阿紫と名乗る場合が多いという。

著者: Zsphere

『捜神記』は手元にないのでオンラインテキストを探してみたが和刻本そのままのテキストが見つからず「努めて意訳を避けて原文に忠実ならんことを期した」(原文旧字)という岡本綺堂『支那怪異小説集』(サイレン社、1935年)中の「盤瓠」を参照した

捜神記は神様や仙人、主に動物や鬼といった人物や植動物がどうやって出現するのかということに対し、漢書五行志は、木・火・土・金・水の五行の混乱によって天変地異がおこり,人間に譴告が与えられ

本・雑誌・コミック > 書籍 > 新書 > 一般ページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

干 宝『捜神記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約15件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

69%(15)

捜神記・幽明録・異苑他 フォーマット: 図書 責任表示: 佐野誠子著 言語: 日本語; 中国語 出版情報: 東京 : 明治書院, 2006.11

捜神記 捜神記の概要 ナビゲーションに移動検索に移動原書は、著者の干宝が、先立つ書より収録したものと、自身の見聞とを併せたものであるとされる。本書を著述するようになった機縁は、干宝の父の婢が埋葬ののち10数年後に蘇ったこと

捜神記 ワイド版東洋文庫 10 <平凡社ライブラリー> ¥ 1,500 干宝 著 ; 竹田晃 訳 、平凡社 、398ページ 、21センチ

干 宝『捜神記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約15件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

捜神記/干 宝(中国:平凡社ライブラリー)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。

捜神記 ワイド版東洋文庫 10 <平凡社ライブラリー> ¥ 1,500 干宝 著 ; 竹田晃 訳 、平凡社 、398ページ 、21センチ

平凡社ライブラリー版は翻訳分のみで原文での表現が分かりませんが、それでもなかなか得るものはあったり。 とりあえず、京極夏彦が『魍魎の匣』で引いていた記述を確認したり、孔子のエピソードを拾ったり、地道に興味深い話題を拾ってはメモする

捜神記 捜神記の概要 ナビゲーションに移動検索に移動原書は、著者の干宝が、先立つ書より収録したものと、自身の見聞とを併せたものであるとされる。本書を著述するようになった機縁は、干宝の父の婢が埋葬ののち10数年後に蘇ったこと

『曽我物語』(真名本) 〔真名本『曾我物語』1・2 青木晃他編 平凡社東洋文庫 1987~1988〕 巻10→ 【宿】5 『曽我綉侠御所染 (そがもようたてしのごしょぞめ) 』 (河竹黙阿弥) 〔名作歌舞伎全集11『河竹黙阿弥集』2 郡司正勝他監修 東京創元社 1969〕

レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。

[PDF]

さて、『捜神記』が高校生を対象とした教材に使われるのはそれほど以いられる素材は奇抜で面白いという点で、扱いやすいと言えるであろう。 二 検定教科書「盤瓠」について – 67 – *一般科目

著者: 正志 善塔詳細情報: Legend · Illusion

山海経(せんがいきょう 山海经 shan1hai3jing1 シェンハイジン)山海経は中国の漢代頃に書かれた誌怪古籍です。書中には多くの奇怪な動植物が書かれており、漫画やアニメ、小説などのネタ元とされてきた書物でもあります。全て現代日本語に翻訳もしていますのでこちらもご覧ください。

捜神記より 年末30日に実家でトラブルがあり、やたら寒い家で2時間近く探し物をした御蔭で、すっかり風邪モードに入りました。 その前から風邪の症状はあったのですが、何とか騙し騙しやり過ごしていたのに、症状が悪化。

クラリスブックスは東京下北沢の古本屋です。 ホームページ上で哲学思想・文学・アート・デザイン・写真集・ファッション・sf・サブカルチャー書籍を取り扱っています。 古書の買取も随時受け付けてお

忠 犬: 呉の孫権の時代に、李信純という人があった。襄陽郡紀南県(湖北省)の人である。家に黒竜という犬を飼っていたが、ことのほかかわいがって、いつもそばにおき、食事のときにはなんでも分けてやる

現在のメニュー:漢書人名索引(ちくま学芸文庫版),三国志地名・官爵名索引(ちくま学芸文庫版), 春秋左氏伝(岩波文庫版),捜神記(平凡社ライブラリー),抱朴子外篇(平凡社・東洋文庫),建康実録(中華書局・巻四まで),塩鉄論(平凡社・ワイド版東洋文庫),西晋の武帝

今回は、干宝著・竹田晃訳『捜神記』(1964年初版、平凡社東洋文庫)です。 そもそも、この本の原形が成立したのは六朝(りくちょう)時代の中国。西暦で言えば3世紀~6世紀にかけてのことで、日本はようやく古墳時代といった頃のこと。

捜神記。無料本・試し読みあり!作者は晋の歴史家。簡潔な文章で古い書物からの抄録、民間伝説、名士の逸話などを記録。志怪小説中最も叙述に優れ、中国小説の祖と呼ばれる。最良のテキストを底本とした本邦初の全訳。まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級の

捜神記 干宝 著,竹田晃 訳. 詳細情報. タイトル: 捜神記: 著者: 干宝 著: 著者: 竹田晃 訳

平凡社(平凡社ライブラリー) 中国古小説集 : 清水栄吉 志村良治 荘司格一: 筑摩書房(世界文学大系71) 捜神記: 8巻本: 清水栄吉 志村良治 荘司格一: 養徳社: 捜神記 (eBook版 ) 20巻本: 竹田晃: ebook japan(東洋文庫) 中国怪奇小説集 03 捜神記 ( 電子

八巻本捜神記(稗海本) [編集] 全部で40条から構成されているが二十巻本と内容が一致するものは内11条。20巻本が文章が簡潔にまとまっているのに対して著しく冗長かつ文中の人名も異なっている。(例を挙げれば「北斗星と南斗星」において若死にする男の名

捜神記のあらすじ・作品解説ならレビューン小説. 干 宝の小説捜神記についてのあらすじや作品解説はもちろん、実際に捜神記を読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。登場キャラクターのプロフィール詳細や、名言も掲載中です。

怪を志す“志怪”というジャンルが流行した中国六朝時代は、幻術の名人、墓から生き返る娘、冥界との交流、千年を生きる狐の変化、といった怪異の数々が饒舌に語られた。

「捜神記」の口語訳おねがいします。 漢のころ北海の~衣の裾有るを見る。までです! 漢北海營陵有人、能令人與已死人相見。其同郡人、婦死已數年、曰「願令我一見亡婦、死不恨矣。」道人曰「卿

捜神記・幽明録・異苑他 フォーマット: 図書 責任表示: 佐野誠子著 言語: 日本語; 中国語 出版情報: 東京 : 明治書院, 2006.11

中国奇想小説集(井波律子):平凡社)『捜神記』『唐代伝奇』『聊斎志異』『子不語』など六朝から清代まで、変幻自在の奇想幻想小説約30篇を、ミステリ評論家でもある練達の中国文学者が精選、新訳で

著作者名: 著作権状態: 裁定年月日 ― 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 ―

志怪小説:墓のなかの王女。漢の談生のお話 『捜神記』より 漢のころ、談生という男は四十歳になっても独身で、日ごろから『詩経』を読んでは胸にこたえる思いをしていた。(※『詩経』には恋の歌、結婚を祝う歌などが多い)

捜神後記2巻 五朝小説・魏晋小説志怪家 五朝小説大観・魏晋小説志怪家 増訂漢魏叢書(乾隆本、紅杏山房本、三餘堂本、大通書局石印本)・載籍 捜神後記 鮑紅葉叢書 捜神後記佚文 魯迅輯 小説備校 『捜神後記』 掃葉山房 1926年

『日本霊異記 (平凡社ライブラリー)』(原田 敏明) のみんなのレビュー・感想ページです(6レビュー)。作品紹介・あらすじ:仏教に関する不思議な話。善い報い、悪い報いを受けた話。人間の欲を描いて、善行を勧め、極楽往生を目的にまとめられた奈良時代の説話集大成。

やはり高校時代、平凡社の青表紙の中国古典文学大系で、志怪小説を読んでChinaにも古くから同様の話の採録が少なくないことを知った。本書(東洋文庫版)もやはり高校図書館で手にしたはずである。 ・竹田晃 訳『捜神記』 (平凡社)

[zh] 搜神记 辽宁教育出版社 1997 簡体字中国語 [en] In Search of the Supernatural: The Written Record Stanford University Press, 1996 英語[fr] À la recherche des esprits: récits tirés du Sou shen ji Gallimard, 1992 フランス語 英訳 Translation into English. In Ch’in times, in the south, there lived the Headfall people whose heads were capable of flying about.

六朝志怪小説の一つで、「捜神記」についての質問です。「捜神記」や「捜神後記」の口語訳本や注釈書はいくつか出てますが、「書き下し文」と「注釈」の両方が書かれた書物はないでしょうか?「平凡社ライブラリー」の物は読みやすく「口