[PDF]

国際人口移動と移民政策 国立社会保障・人口問題研究所 林玲子 1.はじめに 皆さんこんにちは。今日は佐倉市国際文化大学にお呼びいただきありがとうございます。私は保健学 で大学に入りまして修士までやって、その後工学部建築学科に編入しました。

[PDF]

「国際人口移動の新たな局面~『日本モデル』の構築に向けて」 国際人口移動の現代的展望 ―日本モデルは可能か― 林玲子* Ⅰ.世界の国際人口移動の概況 国連は2012年にすべての国連加盟国における国際人口移動者1)数を送り出し国・受け

講演者 林 玲子 国立社会保障・人口問題研究所国際関係部長 フォーラム名 第81回労働政策フォーラム「移動する若者/移動しない若者─実態と問題を掘り下げる─」(2015年11月14日)

[PDF]

地球規模課題としての国際人口移動 International migration as a global issue 林玲子(国立社会保障・人口問題研究所) Reiko Hayashi (National Institute of Population and Social Security Research) [email protected] 1. はじめに

所内研究報告 : 人口 医療・介護人材の国際人口移動 Report and Statistics : International migration of health workforce. 林 玲子;

Author: 玲子 林

人口移動の国際比較 : 日本の移動指標を用いたモデル人口移動性向構築の試み (特集 少子・超高齢・人口減少社会の人口移動 : 第7回人口移動調査の結果から(その2)) 林玲子, 島尾忠男, 島崎謙治, 石川信克, 杉

– 「日本の女性と移動 国内人口移動と国際人口移動」 『季刊社会保障研究』Vol.51、Autumn No.2, 2015年9月 – “Mobility and Development through International Comparison with a focus on East Asia” The 3rd Asian Population Association Conference, Kuala Lumpur, Malaysia, 27‐30 July 2015

Aug 13, 2019 · 発言の概要は次のとおり。 林 玲子. はじめに 1年前の2018年6月にも明石研究会で、第51回国連人口開発委員会と、アジア太平洋人口開発閣僚宣言の中間評価会合(2018年11月)に向けた日本のカントリーレポートなどについて報告した。

研究者番号 日本の研究.com : 671240 所属 2017年度 (平成29年度) 国立社会保障・人口問題研究所 人口動向研究部 ; 国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。

林 玲子. 国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部 部長. 公共政策プログラム(2007年博士課程修了) 保健と建築、異なる二つの専門知識を統合、世界が注目する日本の人口問題に挑む -あなたの専門分野とその分野に従事するに至った経緯を教えて

さらにその結果を分析し、世界人口は1850~1900年までの定常期に数度の人口減少があり得たこと、その減少は気候上あるいは政治上の条件によること、近代化以後の都市人口の急成長は技術革新ことに交通手段の革新によること、2000年以降に資源制約を含む

[PDF]

林玲子 人口移動の国際比較―日本の移動指標を用いたモデル人口 移動性向構築の試み― 1[288] 3.25 1-20 小池司朗 人口移動が出生力に及ぼす影響に関する仮説の検証―「第 7回人口移動調査」データを用いて― 1[288] 3.25 21-43

テーマ別の最新の情報はこちら, 国際人口移動に関する活動は、oecd諸国とoecd地域外における移住動向および政策の継続的モニタリング、移住の経済的、社会的側面に関する詳細な分析に基づいています。 分析の例としては、労働力不足緩和における移民の役割、移民、人口統計、経済成長間の

国際人口移動の現代的展望 : 日本モデルは可能か (特集 第18回厚生政策セミナー「国際人口移動の新たな局面 : 『日本モデル』の構築に向けて」) A Perspective on International Migration : Is there any Japanese model? 林 玲子;

Author: 玲子 林

若者の地域移動はどのような状況にあるのか─地方から都市への移動を中心に─ 堀 有喜衣 労働政策研究・研修機構主任研究員/日本学術会議特任連携会員 女性の活躍と人口移動 林 玲子 国立社会保障・人口問題研究所国際関係部長

さらに第2部として、出生率の世界的な低下と高齢化、都市化と国際人口移動、ガバナン スと人口統計など、人口と開発分野の新たな課題について、icpdからポスト2015年開発アジェ ンダへ、どのように人口学が貢献できるのか、議論を交わし、展望を開く。 .

[PDF]

グローバル・エージング 地球規模の人口高齢化 国立社会保障・人口問題研究所 林玲子 第1回「国際的なアクティブ・エイジングにおける日本の貢献に関する検討会

国際人口移動の現代的展望 : 日本モデルは可能か 著者 林玲子 出版者 国立社会保障・人口問題研究所 出版年月日 2014-09-25 掲載雑誌名 人口問題研究. 70(3)(290) 提供制限 インターネット公開 原資料(url)

[PDF]

厚生労働科学研究費による研究事業「東アジア,asean 諸国の人口高齢化と人口移動に関する総 合的研究」の一環として,林玲子・国際関係部長と筆者が2月10日~13日にかけて韓国に出張し,専

内容: 世界の宗教別人口のデータと将来推計 / 小島宏著,宗教と出生力 / 早瀬保子著,宗教と健康・死亡力 / 林玲子著,宗教と国内人口移動・人口分布 / 新田目夏実著,宗教と国際人口移動 / 三澤健宏著,宗教と人的資源開発政策 / 野上裕生著

[PDF]

東南アジアから東アジアへの国際移動と再生産労働の変容. 進行する社会の再編成過程を東南アジアか らの移住女性の視点でとらえることを目的 とする。第2節では東アジアにおける国際. 移動の特徴について概観し、第3節(小川

セッション3 介護人材の開発と国境を超えた移動 林 玲子 : 国立社会保障・人口問題研究所国際関係部部長 ディオノ・スシロ : インドネシア保健省保健人材開発局課長 スヴィンダ・s・シンガプリ : スリランカ社会福祉省高齢者事務局長

The growth of the merchant gild in Edo (tonya-nakama), which changed in character with the development of commodity-production, can be divided into four periods: l) the period from meireki and kanbum to Kyoho when the merchant gild became established; 2) the period from horeki to tenmei when its monopolistic control became strongest; 3) the period from kansei to bunka and bunsei when it

湾岸アラブ諸国の人口動向. アッサラーム85号掲載(イスラミックセンタージャパン刊行) 2001年5月 林玲子 1 はじめに 1998年の時点では、世界人口59億人の5分の1にあたる13億人がイスラムを宗教としており、そのうち2.7億人がアラブ人である。

[PDF]

林玲子 国際人口移動の世界的潮流と受入国・送出国の人口動向へ の影響 大崎敬子 *台湾の企業と企業家 朝元照雄, 中原裕美子編著 九州大学出版会 2016.3 *東アジアにおける中小企業のグローバル展開 黄完晟編 九州大学出版会 2016.3

[PDF]

: 林 玲子 (国立社会保障・人口問題研究所) 座長・討論者: 阿藤 誠 (元国立社会保障・人口問題研究所) 1. 新開発目標策定の経緯と日本の取り組み 池上 清子 (日本大学) 2. 国際人口移動転換の再検討―戦後日本を例とした分析― 是川 夕

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家との

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の林玲子国際関係部長は、若い女性は、女性の活躍度が低い地域から高い地域に移動する、ということをデータに基づく分析により示しています。

第9章 人口移動【編集担当:井上孝・和田光平】 国際人口移動の新潮流 途上国の過剰都市化 中国の戸籍制度と国内人口移動 日本の国際人口移動 日系移民 日本の国際結婚移動 東京圏への一極集中 過疎化と人口減少社会 戦後日本のuターン移動 居住経歴と

第2セッション:人口の国際移動2(社会・文化的側面) 「アフリカとアジアを結ぶ民族の経済ネットワーク」 三島禎子(国立民族学博物館) 「セネガル人の国際移動:家族による移民収入の利用」 アミドゥ・ジャ(パリ・デカルト大学)

[PDF]

「人口問題」の変遷とポスト2015年開発目標 林玲子 国立社会保障・人口問題研究所 The transformation of “population problem” and post-2015 development agenda Reiko HAYASHI National Institute of Population and Social Security Research, Japan 抄録

[PDF]

「若年女性の都市集中」の分析 地方消滅のカギを握る女性と移動 国立社会保障・人口問題 研究所国際関係部長 林玲子 はやし・れいこ 林玲子はやし・れいこ東京大医・工卒。同大大学院、パリ大学大学院、政策研究大学院大学修了。修士(保健学)。

人口減少の課題、少子化対策の本気度は 国際人口移動と移民政策: 国立社会保障・人口問題研究所国際関係部 部長 林 玲子

近年の世界の国際人口移動から見た日本への含意 : オーストラリアからの視座 ← 前の巻号/記事 後の巻号/記事 →

宗教と健康・死亡力 / 林玲子 執筆: 部分タイトル: 宗教と国内人口移動・人口分布 / 新田目夏実 執筆: 部分タイトル: 宗教と国際人口移動 / 三澤健宏 執筆: 部分タイトル: 宗教と人的資源開発政策 / 野上裕生 執筆: 部分タイトル: 宗教とジェンダー政策 / 西川

[PDF]

<組織者>林 玲子(国立社会保障・人口問題研究所) <座長・討論者>阿藤 誠(元国立社会保障・人口問題研究所) 1)新開発目標策定の経緯と日本の取り組み 池上 清子(日本大学) 2)国際人口移動転換の再検討―戦後日本を例とした分析―

国立社会保障・人口問題研究所 人口動向研究部(2017年度) 関連記事一覧 共同研究者一覧

・ 林玲子 2014年03月 「人口移動の国際比較 – 日本の移動指標を用いたモデル人口移動性向構築の試み 」(International Comparison of Migration – A construction of Model-mobility Using Japanese Indicators) . Journal of Population Problems, 70(1):1-20.

労働政策研究・研修機構の労働政策フォーラム「移動する若者/移動しない若者~実態と問題を掘り下げる」が14日、都内で開かれた=写真。過疎化に伴う「消滅可能性都市」や「一億総活躍社会」など、若者がキーワードになる政策議論が賑やかな点に対して、若者の移動の実態について実証

林玲子, 島尾忠男, 島崎謙治, 石川信克, 杉下智彦 東アジア,asean諸国の人口高齢化と人口移動に関する総合的研究 東アジア・asean諸国の人口高齢化とケア人材の国際移動. 林玲子. 東アジア、asean諸国の人口高齢化と人口移動に関する総合的研究 平成27年度

紙の本. 人口学事典. 著者 日本人口学会 (編). 人口について関心を持った事柄を自ら調べ考える手助けとなる事典。今後10年をめどに、重要性を増すと思われるテーマをトピック形式で解説するとともに、人口学の基礎知識や分析手法

1927年創業で全国主要都市や海外に店舗を展開する紀伊國屋書店のサイト。ウェブストアでは本や雑誌や電子書籍を1,000万件以上の商品データベースから探して購入でき、2,500円以上のお買い上げで送料無料となります。店舗受取サービスも利用できます。

経歴. 山口県 宇部市出身 。 身長174cm。 広島県のAICJ高等学校で寮生活を送りつつ 、東京大学理科一類に入学し、東京大学 工学部 システム創成学科(環境・エネルギーシステムコース)卒業 。 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻修士課程修了 。. 大学2年の時に「ミスター東大

(是川 夕記) 日本―インドネシア人口移動関係研究会(SKYPEを使った遠隔会議) 2013年 6月12日(水)午後 3時より,当研究所においてバージニア工科大学政治学部のデボラ・ミ リー教授の紹介・司会により,アムステルダム滞在中のインドネシア

[PDF]

中東・アフリカ地域における人口と開発 林玲子Reiko Hayashi [email protected]p 国立社会保障・人口問題研究所 National Institute of Population and Social Security Research, Tokyo, Japan

第i部 現代の人口問題 第1章 人口成長――増加と減少【編集担当:中澤港・林玲子】 人類史としての人口史 世界の人口2000年史 世界人口の将来 日本の人口史 現代日本の人口減少 アフリカの人口増加 スペイン風邪と人口減少 ペストと人口減少 種痘と人口

国立社会保障・人口問題研究所 国立社会保障・人口問題研究所の概要 ナビゲーションに移動検索に移動 日本の行政官庁国立社会保障・人口問題研究所National Institute of Population and

システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。 平成29年 11月25日(土) 7:00 ~ 17:00 ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。 新しい画面インターフェース「J-STAGE評価版

セッション2では国立社会保障・人口問題研究所の林玲子国際関係部長がeriaとの国際共同研究「asean・東アジア諸国における高齢者ケアの需要と供給に関する研究」の成果に基づいて、アジアで主流であった家族介護による高齢者を支える仕組みが保持でき

創立50周年メッセージ87号です。 国立社会保障・人口問題研究所国際関係部部長で、現在ジョイセフの理事でもある、林玲子さんからのメッセージです。 「保健と人口、都市化と人口移動、人口と開発」等がご専門で、世界の人口政策にも精通する林さんには、

季刊 個人金融 2019年秋号~特集:人生100年時代の就労 特集人生100年時代の就労 これからの人生100年時代では、高齢期においても就労を希望する

世界の人口と開発: 林玲子: 世界の人口動向: 世界の国際人口移動: 千年よしみ: 人口動向と社会保障: 宮田智: 人口変動の時代を越えて: 金子隆一, 森田 朗: 人口学的要因からみた地域人口の変化と将来像: 小池司朗, 山内昌和, 江崎雄治: 人口潮流が変える世界

[PDF]

林玲子「アラブ諸国の出生動向と移民政策に関する一考察」 懇親会場:早稲田「パピルス」(エジプト料理) 第3回 2001年3月9日(早稲田大学)参加者10人 研究会:稲益智子(東京農工大学大学院)「中国新疆ウイグル自治区成立後の人口変動」

iii 世界の人口動向ーー1国では生きられない 第9章 東アジアの低出産・高齢化問題(鈴木 透) 第10章 世界の国際人口移動ーーデータ統一化に関わる課題(千年よしみ) 第11章 世界の人口と開発問題ーー人口転換論を通して(林 玲子)

価格: ¥5280

iii 世界の人口動向――1国では生きられない 第9章 東アジアの低出産・高齢化問題(鈴木 透) 第10章 世界の国際人口移動――データ統一化に関わる課題(千年よしみ) 第11章 世界の人口と開発問題――人口転換論を通して(林 玲子)

[PDF]

出典: 林玲子 Ö Ô Õ Ú À Ë東アジア・asean諸国の人口高齢化とケア人材の国際移動. 日本で働く外国人介護士の在留カテゴリー

国立社会保障・人口問題研究所(こくりつしゃかいほしょう・じんこうもんだいけんきゅうじょ、英語: National Institute of Population and Social Security Research 、IPSS)は、厚生労働省の施設等機関である。 人口研究・社会保障研究はもとより、人口・経済・社会保障の相互関連についての調査研究を通じ

世界歴史人口推計の評価と都市人口を用いた推計方法に関する研究 林玲子(2007) 博士論文 政策研究大学院大学 博士(政策研究) 甲第13号 学位授与年月日 : 平成19年6月27日 www.dbr.nii.ac.jp 書誌ID :

人口学事典 [事典辞典]の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お

[PDF]

林玲子氏<国立社会保障・人口問題研究所. 国際関係部長> ご紹介にあずかりました、林玲子と申します。国立社会保障・人口問題研究所は. 2012. 年4 月から働いておりますけれども、その前は今言っていただいたように、jicaの専門家で3年ほ