沖縄県とその周辺の主な被害地震(図をクリックすると拡大表示) 沖縄島や慶良間(けらま)列島では、M4~5程度の地震は発生しているものの、歴史の資料によって知られている被害地震は少なく、沖縄島近海に発生した1882年の地震(M5.7)と1909年の地震

沖縄県では、平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災を踏まえ、最新の科学的知見や情報に基づき、県内における大規模な地震・津波発生に伴う被害想定調査の見直しを実施し、地域の危険性を総合的、科学的に把握するとともに、事前の予防対策や地震

平成30年度沖縄県広域地震・津波避難訓練について

また、地震保険料率でも、沖縄県は2等地となっています。この等地とは、地震のリスクに応じて都道府県を1等地から4等地の4段階に分類したもので、1等地が最も地震リスクの低い地域となっています。

「沖縄県では大きな地震は起きない」と思っていませんか?実は過去には死者が1万人を超えるような大地震も発生しています。過去に沖縄県を襲った大地震の中から3つの地震を紹介します。 1911年 喜界島地震 地震の概要 被害 1909年 沖縄島近海地震 地震の概要 被害 1771年 八重山地震 地震の

沖縄県民のあなた、沖縄県で起きる地震の発生確率ってどれくらいか知っていますか?そして地震対策しっかりできていますか? 「いつ発生するか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実

沖縄県津波浸水想定について(平成27年3月)詳細地区別図 . 先に以下のページをご確認ください。 沖縄県津波浸水想定について(平成27年3月)~津波防災地域づくりに関する法律に基づく設定~ 4.津波浸水想定図 図郭配置図

山形県沖地震(やまがたけんおきじしん)は、2019年(令和元年)6月18日22時22分 に山形県沖(日本海) で発生したMj6.7 (Mw6.4) の地震 である。 新潟県 村上市府屋で震度6強を観測した ほか、観測史上初めて山形県内で震度6以上の揺れを記録した

震央: 日本 山形県沖, 北緯38度36分 東経139度30分 / 

沖縄気象台のホームページです。沖縄県内各地の気象情報などがご覧になれます。

30 行 · 鹿児島県薩摩地方 このページに掲載している地震の震源要素(緯度、経度、深さ、マグニ

地震検知日時 震央地名 マグニチュード 最大震度
2019年12月19日09時23分 茨城県沖 M4.2 震度3
2019年12月19日04時15分 青森県西方沖 M3.7 震度1
2019年12月18日20時54分 根室半島南東沖 M4.4 震度3
2019年12月18日18時16分 トカラ列島近海 M3.2 震度1

www.jma.go.jpに関する全 30 行を参照

熊本で大規模地震が発生して約2カ月。熊本地震を引き起こしたと言われる活断層は沖縄県内にも確認されている。沖縄本島は陸地を形成している

地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能

沖縄本島近海地震(おきなわほんとうきんかいじしん)は、2010年(平成22年)2月27日5時31分に沖縄本島南東沖の琉球海溝付近のユーラシアプレート内で発生したマグニチュード(M)7.2の地震である 。 震源の深さは37km。発震機構は北西-南東方向に張力軸を持つ横ずれ断層型。

発生日: 2010年(平成22年)2月27日

2016年の沖縄県は98回で21位、震度3以上限定では6回で29位です。 下の「沖縄県の最大震度別・地震観測回数推移グラフ」は、1997年から2018年までの地震観測回数を、沖縄県内の最大震度ごとに年別の棒グラフに表したものです。

震度データベース検索 (沖縄県) 観測された震度・地震の規模等を指定して検索 観測された震度・地震の規模等を指定しない 地震の検索条件

沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。

12月03日 07:54 沖縄県で震度3の地震が発生しました。 震源地:西表島付近 マグニチュード:4.1 震源の深さ:約20km この地震による津波の心配はありません 震度3:【沖縄県】 竹富町大原

沖縄県で発生した地震情報のまとめです。地震の発生日、最大震度、マグニチュード、緯度、経度などの一覧表や震源地マップで震源地を可視化しました。地震予測はデータの統計による地震予測となります。地震は震度5以上を対象としています。

[PDF]

(47) 沖縄県 ①主な被害想定結果整理表 死者数 負傷者数 冬夕刻 冬夕刻 沖縄本島南西沖地震 8.0 6弱※ 1,012 3,689 多良間島南方沖地震 7.4 5強※ 36 162 沖縄本島南西沖地震 8.0 6弱※ 751 1,349 多良間島南方沖地震 7.4 2以下※ 0 0 沖縄県全体 うち那覇市 最大震度 地震

(3) 地域ごとに予想される地震 (4) 沖縄県の地震地域係数について: 南西諸島で1998年から2001年に発生した地震の分布(気象庁による)。深さ100kmより浅いM3以上の地震。 沖縄周辺で50年間に2%の確率で予想される最大震度の分布。

県損害保険代理業協会副会長の下地正樹さんは、沖縄は火災保険に地震保険を付帯している割合(2014年度)が51・5%で全国平均より7・8ポイント低いとし「住宅ローンを抱えている人などはいざ大地震が起きると、経済的に生活が立ちゆかなくなる恐れが

天気概況 令和元年12月27日04時40分沖縄気象台発表 沖縄本島地方の沿岸の海域はしけています。27日は次第にうねりを伴い 、しけや波の高い状態は28日にかけて続く見込みです。海上や海岸付近で は、28

沖縄県の今後を考える . 沖縄県では震度5以上の地震が1926年以降発生していないという事実があり、 沖縄は地震が発生しにくい場所だ! と思われているが、 実際のところはちょっと違うようだ。 冒頭でも挙げたように、 沖縄県の地震地域係数は全国で1番

沖縄県の南海トラフ地震の被害想定

[PDF]

対象とする大規模地震津波災害 ・地震: 沖縄本島南東沖地震3連動(m9.0)(沖縄県h26.3) ・津波:最大クラスの津波( l2津波) (沖縄県h25.3) 第. 5章 今後の取組 ⑧通信部会 ⑨地理空間情報の共有 に関する検討部会 ⑩訓練検討部会

[PDF]

沖縄県モデル :1771年八重山地震を再現 したモデル③ 沖縄県モデル :1771年八重山地震を再現 したモデル④ 沖縄県モデル :活断層図等より沖縄トラフ 側に設定したモデル 沖縄県モデル :活断層図等より沖縄トラフ 側に設定したモデル 波源域 初期水位

都道府県の震度別地震回数(期間:2004年5月26日〜2014年3月13日)を気象庁の震度データベース検索を元に一覧にしました。また、都道府県の震度観測点数を気象庁の震度観測点を元に一覧にしました。

地震情報 噴火警報 高温注意情報 記録的短時間大雨情報 注意報・警報 沖縄本島 大東島 宮古島 八重山 土砂災害警戒情報 沖縄本島 大東島 宮古島 八重山 河川情報 川のカメラ画像 河川水位・雨量情報 ダム 各種情報 道路・交通 ライフライン 観光客向け 国民

2018年の沖縄県では、震度1以上の地震が観測された日数が現在のところ5日、地震が観測されなかった日数が54日となっています。2018年に観測された最大の震度は、現在のところ震度2です。 2018年(沖縄県) 最大震度:震度2

沖縄本島近海を震源とする地震情報 (日付の新しい順) 沖縄本島近海を震源とする地震情報 (日付の新しい順) tenki 震源地:岩手県内陸南部

沖縄本島近海を震源とする地震情報 (日付の新しい順) 沖縄本島近海を震源とする地震情報 (日付の新しい順) tenki 震源地:岩手県内陸南部

沖縄県とその周辺の主な被害地震 (図をクリックすると拡大表示) 沖縄島や慶良間(けらま)列島では、M4~5程度の地震は発生しているものの、歴史の資料によって知られている被害地震は少なく、沖縄島近海に発生した1882年の地震(M5.7)と1909年の地震

九州地方の昨日から本日(約30分前まで)の、地震活動状況を掲載しています。 気象庁 本日・昨日の地震活動(沖縄地方) 沖縄地方の昨日から本日(約30分前まで)の、地震活動状況を掲載しています。 気象庁 本日・昨日の地震活動(全国)

沖縄県も地震が多いエリア! 独自の備えが必要. 沖縄は他の地方と同程度に地震が多く発生、災害時には沖縄ならではの備えの必要性が指摘されている。地震・津波について沖縄気象台の担当課長に、災害時の備えについて防災士に聞いた。 1秒でも早く避難

[PDF]

沖縄県における過去の大地震 過去約120年の間に沖縄県内で発生した「震度5弱以上」の地震は、 沖縄地方気象台に19件の記録が残っています。

沖縄県、沖縄、那覇、地震、確率、大地震、アウトドア、震度6弱、日本全国地震動予測地図、最新版、2018年、データ、予測、北海道、熊本、地震大国、日本、30年以内、被害、備え、持ち家、リスク、天変地異、モバイルバッテリー、ソーラー、充電、ソーラーチャージャー、Iusam Direct 、Qi

例えば、沖縄県の地震地域係数は「0.7」です。一般的な地域に比べて、地震力を「0.7倍」できます。 地震地域係数は、過去の地震記録等を元に、統計的な処理、工学的判断を加えて定めています。地震が起きにくい地域ほど、地震地域係数は小さい値です。

市区町村(沖縄県)を選択すると付近の避難場所マップが表示されます。避難場所マップでは、地震、津波、洪水、土砂災害(崖崩れ、土石流、地滑り)、内水氾濫、高潮、火災、火山噴火の8つの災害の種類から、その災害が発生したときに避難すべき避難場所を検索できます。

2019.3.1「冬(2018年12月~2019年2月)の沖縄地方の平均気温と沖縄周辺海域の海面水温が最も高くなりました(沖縄気象台)」を掲載しました。 2019.2.13「宮古島地方の地震活動図(2019年1月)」についてを掲載しました。

沖縄県の天気予報です。市区町村別の今日の天気、気温、降水確率が地図上に表示されているので、ひと目でわかります。タブ切り替えで10日間

地震大国の日本。 平成の間には阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな地震が発生しました。 地震の恐ろしさは、いつどこで発生するか誰にもはっきりとは分からないこと。 あなたの家庭では、地震の被害を予防したり、最小限に留めたりするためにどのような対策をとっていますか?

沖縄県の天気予報。今日の天気、明日の天気、気温、降水確率を地図上に表示。近隣地域の天気も一目でわかります。

第1弾は、「東日本大震災から沖縄はどんな教訓を得るべきか」について、沖縄県地震津波想定検討委員会の委員長でもある、琉球大学教授の仲座栄三先生にお話を伺いました。 天災は忘れたころにやってくる

航空機の搭載制限により、沖縄県行き荷物のお届けに遅れが発生しております。 ※なお、上記周辺の地域でも状況により遅延が発生することがございます。

沖縄県の各港の今日・明日・週間の天気予報や潮汐情報が確認できます。従来の天気予報に加えて、湿度、日の出・日の入の時刻、大潮情報、干満潮の時刻や潮位、波の高さ、風向・風速を提供しています。釣りやマリンスポーツに必須な情報です。

沖縄県本島中南部: 那覇市、宜野湾市、浦添市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、中頭郡[読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町]、島尻郡の一部(八重瀬町、与那原町、南風原町、渡嘉敷村、座間味村、渡名喜村) 沖縄県久米島

日本気象協会公式の天気予報専門メディアです。市区町村別のピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を

沖縄県のニュースをいち早くお伝えします。

日本列島各地で地震が頻発している。3日には茨城県南部を震源とする震度4、岩手県沖や沖縄県の西表島付近でも震度3の地震があった。近い将来

08月24日 08:45 沖縄県で震度3の地震が発生しました。 震源地:石垣島近海 マグニチュード:5.2 震源の深さ:約60km この地震による津波の心配はありません 震度3:【沖縄県】 宮古島市下地 多良間村塩川

沖縄県地図情報システムはリニューアルしました。 url. 5秒後にトップページに移動します。 (自動でジャンプしない場合には、urlをクリックして下さい)

その地方における過去の地震の記録に基づく震害の程度 及び 地震活動の状況その他 地震の性状に応じて国土交通大臣が、1.0~0.7までの範囲内で定めた各地域の地震係数(Z)は下記数値となります。

沖縄県名護市北部の絶景の離島群。北から古宇利島、屋我地島、そして奥武島。屋我地島と奥武島を結ぶ「屋我地大橋」は、チリ地震の津波で流失した。太平洋側でない沖縄北部西海岸にまで津波が回り込んだという事実に驚愕せざるを得ない。

2019年6月18日☀の夜22時22分頃山形県沖を震源地とするマグニチュード6.7で最大震度6強を記録する強い地震がありました。震度6強を観測したのは新潟県の村上市、震度6弱が山形県の鶴岡市。気象庁は津波注意報を山形県、新潟県の上中下越と佐渡、石川県能登の沿岸に・・・

12月03日 07:54 沖縄県で震度3の地震が発生しました。 震源地:西表島付近マグニチュード:4.1震源の深さ:約20kmこの地震による津波の心配はありません震度3:【沖縄県】竹富町大原

地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能

都道府県別の地震ランキングです。ランキングは震度5以上の地震が過去に何回発生したかを集計しました。ランキングにあわせて日本全国の標高の地図も用意しました。南海トラフ巨大地震は30年以内に発生する確率は60-70% といわれています。自宅が海に近く標高が低い方は標高が高い山など

観光客や観光産業に大きな影響と被害を与える観光危機(台風、地震、津波、航空機・船舶事故、感染症等の災害・事故等により発生する危機や風評被害等のこと)を予め想定して、被害を最小限に留める対策と対応を皆で計画的に行うことです!

★日本最悪・最大85.4m(弐拾八丈弐尺)の津波 1771年4月24日(明和8年3月10日)午前8時ごろ、沖縄県石垣島南東沖約40Km(北緯24.0度、東経124.3度)を震源とするマグニチュード7.4の地震が発

地震発生時刻:2010年02月27日 05時31分頃 最大震度:5弱 震源地:沖縄本島近海