開化天皇(かいかてんのう、孝元天皇7年 – 開化天皇60年4月9日)は、日本の第9代天皇(在位:孝元天皇57年11月12日 – 開化天皇60年4月9日)。欠史八代の一人で実在性に乏しい。

先代: 孝元天皇

皇室系譜に第9代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は稚日本根子彦大日日尊(わかやまとねこひこおおひひのみこと)。孝元(こうげん)天皇の第2子で、母は欝色謎命(うつしこめのみこと)。孝元天皇57年に、父天皇の没を受けて即位、翌開化元年に都を

崇神天皇(すじんてんのう、開化天皇10年 – 崇神天皇68年12月5日)は、日本の第10代天皇(在位:崇神天皇元年1月13日 – 同68年12月5日)。実在した可能性のある最初の天皇である

先代: 開化天皇

開化天皇は父親である孝元天皇の妃の伊香色謎命を皇后にしています。関係からいうと継母にあたります。もちろん実母ではありません。 参考:孝元天皇(日本書紀) まぁ父の若い愛人とだと 天皇には皇后がいて、それとは別に妃がいるわけです。

崇神天皇即位元年1月13日。皇太子は天皇に即位しました。皇后(=開化天皇の皇后の伊香色謎命)を尊び、皇太后としました。2月16日。御間城姬(ミマキヒ

孝元天皇・開化天皇の具体的行動伝承は全く伝えられていない。それは、この時代卑弥呼が大和朝廷の実質的支配者であり、孝元天皇・開化天皇はほとんど形だけの存在であったためと考えられる。 孝元天皇・開化天皇の誕生年と享年

孝元天皇と開化天皇以外の女性は、皇后とその別伝という扱いなのに対して、孝元天皇と開化天皇の皇后と妃は別伝ではなく、書かれています。 ⚫︎よって、孝元天皇以前とこれ以降では記紀での「資料(=元ネタ)」が違うか、これ以前の資料が焼失したか、ともかく境目があると思われます。

孝元天皇を含む綏靖天皇(第2代)から開化天皇(第9代)までの8代の天皇は、『日本書紀』『古事記』に事績の記載が極めて少ないため「欠史八代」と称される。これらの天皇は、治世の長さが不自然であること、7世紀以後に一般的になるはずの父子間の

先代: 孝霊天皇

日本書紀によれば、開化天皇は伊香色謎命(イカガシコメノミコト)を皇后にする前に、丹波竹野媛(タニハノタカノヒメ)を妃にしているとあるので、最初の后が彼女ということになる。 ちなみに、伊香色謎命は先代の孝元天皇(8代開化天皇の父)の妃の一人で、開化天皇から見れば

皇后は21代雄略天皇の孫娘で、24代仁賢天皇の皇女であり、武烈天皇の妹(姉との説もある)の手白香皇女である。継体には大和に入る以前に複数の妃がいたものの、即位後には先帝の妹を皇后として迎え

先代: 武烈天皇

第9代・開化天皇 世系14、即位51歳、在位60年、宝算111歳. 皇紀453年=孝元7年(前208年)、孝元天皇の第二皇子として誕生された稚日本根子彦大日日命(わかやまとねこひこおおひひのみこと)で、母は先帝・孝元天皇の皇后・鬱色謎命(うつしこめのみこと)である。

開化天皇春日率川坂上陵(奈良県奈良市) 天皇陛下の譲位と平成改元という節目の年に、歴代天皇の事績をふりかえります。今回は「孝元天皇」と「開化天皇」をお届けします。 ※各天皇の年齢等については数え年で計算して記しています。

孝元天皇即位57年11月:開化天皇即位。 開化天皇即位1年10月:都を春に移す(率川宮)。 開化天皇即位28年1月:崇神天皇を皇太子に。このとき19歳。 開化天皇即位60年4月:開化天皇崩御。115歳。 参考 欠史八代の皇后・妃の一覧

孝元・開化の二人の天皇の妃であり,初期ヤマト王権の礎を築いた崇神天皇の母である。80m級の墳墓に葬られたしても不思議ではない。阿波の古墳との共通点も伊香色謎命の母・高屋阿波良姫が阿波出身だとすれば辻褄が合う。

開化 天皇の父である先代の 孝元 天皇の妃(第二夫人)でもある・・・謎。) また、 開化 天皇の生母は、 孝元 天皇の皇后である 欝色謎命 (うつしこめのみこと)で、 こちらも 物部氏 系。 で、 開化 天皇と伊香色謎命の間にできた皇子が次代の 崇神

歴代天皇 – 伝承上の天皇 –

『古事記』では、開化天皇は旦波の大県主・由碁理の娘、竹野比売を娶って、比古由牟須美命を生んだ。 また、父・孝元天皇の妃であった伊迦賀色許売命を娶って、御真木入日子印恵命(のちの第十代天皇・崇神天皇)、御真津比売命を生んだ。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 開化天皇の用語解説 – 第9代に数えられる大和朝廷の天皇。名はワカヤマトネコヒコオオヒビノミコト。孝元天皇第2皇子,母は皇后ウチシコメノミコト。大和春日率川 (いざかわ) 宮に都し,皇后をイカシコメノミコトという。

第九代【開化天皇】は孝元天皇七年に生誕され、同二十二年に立太子同五十七年、孝元天皇の崩御にともない即位されているタイトルに記したように・・開化天皇の皇后は、ナント父・孝元天皇の妃〈伊香色謎命〉だったのです従って、孝元天皇と伊香色謎命〈いかがしこめのみこと〉との皇子

孝元天皇2年(前213年)、孝元天皇の妃となった。開化天皇6年1月14日(前152年2月25日)、亡夫孝元天皇と叔母(伯母)・皇后欝色謎命の皇子である開化天皇の皇后となった。崇神天皇元年1月13日(前97年2月17日)、崇神天皇の即位と同日に皇太后となった。

②一方姉の苅幡戸辺は、垂仁天皇の妃であるが、どちらが先かは分からぬ、9開化天皇の子供「彦坐王」の妃ともなっている。この彦坐王の別腹の子「丹波道主命」の娘「日葉酢媛」は、垂仁天皇の妃となり、12景行天皇を産んでいる。

条件は、孝元天皇3人の后妃に対し、二番目の妃となり1人を生んだこと。もう一つはその後、開化天皇に嫁ぎ、后妃4人の内、2番目に嫁ぎ2人を生んだことです。 つまり、順当に考えれば、孝元天皇が崩御したから開化天皇は孝元妃を娶れたわけです。

第九代 開化天皇. 系図 緑字は皇后、青字は次代天皇 ※沙本毘売命は後に第十一代垂仁天皇の妃となる ※比婆須比売命(氷羽州比売命)は後に垂仁天皇の皇后となる

シリーズ第一回目から読みたい方はコチラ↓sakamotoakiraf.hateblo.jp「開化天皇って誰?」 と、多くの方が思われるだろうが、古代史に詳しい人にとって、開化天皇は多少の興味の対象となる。 開化天皇は第9代天皇で、父は孝元天皇、母は物部氏出身の皇后内色売命(ウツシコメノミコト)である。

初期の重要人物は、9開化天皇妃となった「姉オケツ媛」とその子供の「彦坐王」の妃となった「妹オケツ媛」である。 この2人は姉妹とも叔母姪関係とも言われているが、記紀の歴史上重要な女性である。

一方、神功皇后についても開化天皇の曾孫とする暗号が配されており、それらを繋ぎ合わせると『書紀』の紙背に「幻の皇統系譜」(図中のヒントA~Cは『書紀』からの暗号で、詳細は上記HP【ヤマトタケルは武内宿禰の若き姿】に示す)が浮かび上がってきたのであった。

父孝元天皇の皇妃で、物部氏の遠祖にあたる伊香色謎命(いかがしこめのみこと)を皇后としたが、古事記には相当数の皇 4 妃が顔をのぞかせている。この天皇は「欠史八代」のなかでは一番記載が長い(古事記)が、その全編が系統の説明である。

第9代 開化天皇 (孝元天皇7年(前208)生−開化天皇60年(前98)4月9日崩 111歳 春日率川坂上 (かすがのいざかはのさかのへ) 陵) 孝元天皇22年(前193)正月14日立太子 在位:孝元天皇57年(前158)11月12日即位−開化天皇60年(前98)4月9日崩御

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、 日本史上の主要な [要出典] 人物を配した系図の一覧を示す。 神話上の人物も、実在の人物とする説はある [要出典] ので記載する。

(wikipedia 開化天皇より) それではいつものように阿波・徳島での説として考察していきたいと思います。 この開化天皇は、父である孝元天皇と、母である欝色謎命の末子であり、孝元天皇の妃でもあった 伊香色謎命 を皇后として娶ります。

第9代 開化天皇 (孝元天皇7年(前208)生−開化天皇60年(前98)4月9日崩 111歳 春日率川坂上 (かすがのいざかはのさかのへ) 陵) 孝元天皇22年(前193)正月14日立太子 在位:孝元天皇57年(前158)11月12日即位−開化天皇60年(前98)4月9日崩御

開化天皇 開化天皇の概要 ナビゲーションに移動検索に移動開化天皇第9代天皇在位期間孝元天皇57年11月12日 – 開化天皇60年4月9日時代伝承の時代先代孝元天皇次代崇神天皇誕生孝元天皇7年崩御開化天皇60年4月9日 115歳

孝元天皇を含む綏靖天皇(第2代)から開化天皇(第9代)までの8代の天皇は、『日本書紀』『古事記』に事績の記載が極めて少ないため「欠史八代」と称される。これらの天皇は、治世の長さが不自然であること、7世紀以後に一般的になるはずの父子間の

開化天皇の子 開化天皇の孫 ① 比古由牟須美 >> 大筒木垂根王 > 讃岐垂根王 注:「 王 」と網掛けは男子 ② 崇神天皇 >御眞津媛 ③ 日子坐王 >> 大俣王 > 小俣王 > 志夫美宿禰王

十代崇神天皇 (16)皇后御間城姫の出自. 最後に、崇神天皇の出自で気になる事がある。『記』では。第八代孝元天皇の妃の伊迦賀色許売(いかがしこめ)を庶母とする第九代開化天皇が、その伊迦賀色許売と結婚してなした御子の御真木入日子が崇神天皇になる。

最後に、第7代の孝霊天皇から第9代の開化天皇までを見てみる。 孝霊天皇(第7代)神武に仕えた饒速日命が建国した唐古・鍵に近い黒田に宮を置いたことは、いよいよ敵対する邪馬台国のすぐ近くに進出して拠点を設けたことを表していると思われる。

一番古いと思われるのは、天御影神娘「息長水依比売」(淡海御上神社)で、9開化天皇の子供「日子坐王」の妃となった女性である。 これは天津彦根神の流れで明らかに神別氏族である。

かぐや姫は開化天皇の曽孫です。それに比べ、娶った垂仁天皇は開化天皇の孫で 1 世代ずれています。しかし、かぐや姫の系図が長子子孫と考えられるのに対し、崇神天皇は次男で、垂仁天皇も3男なので、年齢関係も緩和され、13歳ぐらいの差ではなかった

ご祭神の伊加賀色許売命は第8代開化天皇の妃であられました。伊加賀色許雄命は伊加賀色許売命の弟君でございます。 屋根瓦は波兎と菊花紋 隣町の山川町にも 伊加加志神社 があり、こちらは伊迦賀色許男命(いかがしこを)を祀っています。

「古代日本国成立の物語」の第一部は2016年末をもって終了としましたが、この第一部は毎日1つの記事を投稿することにこだわって物語を紡いできました。結果、連載モノとして読んでいただくことができたのではないかと思っています。そして新しい年の始まりとともに第二部を開始しようと

磐之媛命の高祖父(記では曾祖父))・崇神天皇(父は開化天皇)の母。 孝元天皇2年(前213年)、孝元天皇の妃となった。開化天皇6年1月14日(前152年2月25日)、亡夫孝元天皇と叔母(伯母)・皇后欝色謎命の皇子である開化天皇の皇后となった。

倭建命は吉備国・伯耆国・出雲国の鬼を平定した孝霊天皇の皇子二人のうち弟の方である。1 孝元天皇の皇后の「欝色謎命」は開化天皇の皇后になり、御眞木入日子印惠命と御眞津比賣命を生んだ、とある。兄が亡くなったので、兄の妻を娶り子供が生まれるということは時々聞く。

開化天皇は孝元天皇の妃であった、つまり継母を娶った訳ですね。 という事は、よほど気に入っていなければ自分の妻にはしませんよね。 きっとラブな間柄だったんでしょうね。 また、 伊迦賀色許売命は 開化天皇の母である内色許売命と、

九代開化天皇の妃になった竹野媛(たかのひめ)とよばる女性である。『古事記』によれば、竹野比賣を旦波の大縣主、名由碁理の女(むすめ)とする。 『勘注系図』は竹野媛の父親、由碁理を建諸隅命と

継体天皇までの天皇家をそう呼ぶことにした。初代神武天皇ー9開化天皇までは、この稿では、参考までに留める。 10崇神天皇から25武烈天皇までをどう捉えるかで、今後の議論に関係するので筆者のスタンスを事前に述べておきたい。

日本の歴史を見守ってきた歴代天皇。その総数は128人となり、途絶えることなく現在まで続いています。さて、128人もの天皇、全員ご存知ですか?おだやかに生きられた天皇もおられれば、波瀾万丈の人生を送られた天皇もおられます。ここでは、日本最古の神武天皇から現在の今上天皇まで

陵名:春日率川坂上陵 古墳名:念仏寺山古墳 陵型:前方後円 所在地:奈良県奈良市油阪町開化天皇陵の概略所在は、日本書紀では「春日率川坂本陵」、古事記では「伊邪河之坂上」、延喜式(諸陵寮)では「春日率川坂上陵」と記述されています。

【応神天皇から継体天皇】 第9代開化天皇と姥津媛(和珥氏系)との子が彦坐王 (応神天皇の妃)息長真若中比売(おきながまわかなかつひめ) 日本武尊と弟橘媛の子供に息長田別王がおり、その子供が杙俣長日子王くいまたながひこのみこ )。杙俣長

開化天皇は、ワニ氏の祖天足彦(春日大君)に与えられていた春日の地に、率川宮を作って乗り込んだ。 物主家のミケヌシ(アタカタスの弟)は、イカガシコメ立后は庶母を娶ることになると反対したが、河内に蟄居させられた。ワニ氏は、開化天皇妃とし

崇神天皇の即位. 皇紀513年=開化10年(前148年)、開化天皇の第二皇子として誕生された御間城入彦命(みまきいりひこのみこと)で、母は開化天皇の皇后・伊香色謎命(いかがしこめのみこと)である。

1 「常陸国風土記」では倭武天皇、「阿波国風土記」逸文では倭健天皇と書く。名古屋の氷上姉子神社の末社・元社の宮簀媛命宅跡の石碑にも「倭武天皇妃の宮簀媛命」とある。 「古事記」には「倭建命の曾孫(ひひこ)である迦具漏比売命が景行天皇の妃となって大江王(彦人大兄)を

1 古事記(抜粋) 大倭根子日子賦斗邇命(孝霊天皇)は意富夜麻登玖邇阿礼比売命(倭国香媛)を娶って、夜麻登登母々曾毘売命(倭迹迹日百襲姫命)、日子刺肩別命、比古伊佐勢理毘古命=大吉備津日子命(彦五十狭芹彦命)、倭飛羽矢若屋比売(倭迹迹稚屋姫命)を生んだ。

8代孝元天皇は、 内色許男命 の妹の 内色許賣命 を妃として、 9代開化天皇 をもうけました。 また、8代孝元天皇は、 内色許賣命 の娘の 伊賀迦色許賣命 も妃としました。孫に 建内宿禰 が生まれます。

御間城入彦五十瓊殖尊 (ミマキイリヒコイニエノミコト、古事記では御真木入日子印恵命、崇神天皇) 御真津比売命 (ミマツヒメノミコト、観松姫命) 妃:丹波竹野媛. 彦湯産隅命(ヒコユムスミミノミコト、古事記では比古由牟須美) 妃:姥津媛

皇紀734年=景行4年(74年)春2月11日、天皇は美濃国に行幸され、泳宮(くくりのみや、岐阜県可児市)に滞在されて、八坂入彦命(やさかのいりひとのみこと、崇神天皇の皇子)の娘・八坂入媛命を妃

妃に伊香色謎命、 物部氏 の遠祖大綜麻杵の娘。妃に 河内 青玉繋の娘、埴安媛. 9開化天皇皇后、伊香色謎命。 物部氏 の遠祖大綜麻杵の娘 妃に 丹波 の竹野媛。妃に姥津媛、 和珥 臣の遠祖、姥津命の妹。

古事記】 開化天皇 系図だけでしたが、 例の三人の共通の先祖なんだ 若倭根子日子大毘毘の命は春日の伊邪河(いざかわ)の宮で天下を治めました。 この天皇が旦波(たには)の大県主であるユゴリの娘の竹野姫を娶って、生まれた御子はヒコユムスミの命。

しかし、 開化天皇のところでははっきり3姉妹を紹介しているので、日本書紀は垂仁天皇の妃として格上げし、但し、子は書かれていません。 6.瓊入媛は古事記の 阿邪美能伊理(あざみのいり)毘賣と同名で二人の子を生んだとして残しました。

孝元天皇 の妃となり,彦太忍信(ひこふつおしのまことの)命を生む。天皇の死後,その子開化天皇の皇后となり,崇神(すじん)天皇を生んだとつたえら

なお、その開化天皇は『日本書紀』では春日率川宮(かすがのいざかわのみや)を皇居とし、それは現在の「率川神社」周辺であるとされているため、非常に近い位置に立地する開化天皇陵との関係性自体には整合性が保たれているとも言えます。